腹筋トレーニングを楽にするやり方はいろいろ

 

 

お腹を痩せるには、基本の腹筋が一番効果的です。

 

きつい運動ですが何よりも効果のある腹筋は、無理のないよう
毎日続ける必要があります。

 

筋肉量を増やすことで体の代謝量もアップしますので、効果的に
太りにくい体質を作ることが出来ます。

 

腹筋は女性の場合、腰痛の原因になることもありますから、
無理のないように始めましょう。楽に腹筋トレーニングを行うためには
足首を何かに固定して、膝をたてたまま腹筋を20回繰り返します。

 

この腹筋がきつい場合には、仰向けに寝た状態で、足を伸ばしてそのまま
足を上下に動かします。お腹の筋肉に意識して20回続けましょう。

 

この腹筋は腰に負担がありますので、腰痛になる場合には膝を曲げた
状態で上下運動をしてください。それぞれの腹筋は一日の3セット行います。

 

筋トレはとてもきついので、途中で続かなく事がありますが、体に負担のない
様にはじめは少しの回数から始めてください。慣れてきたら回数をどんどん増やし、
筋肉を使う事も増やしていきます。

 

お腹痩せは、腹筋を始めると分かりますが下腹の贅肉が取れるのが
一番最後になってしまいます。

 

しかし腹筋ではお腹の上部から順番に脂肪が落ちていきますから、時間を
かけて下腹のへこみに効果があります。腕立ても腹筋に意識しながらやることで
お腹痩せの効果がありますので、筋トレは内容を変えながら続けましょう。

 

飽きてしまうと途中で辞めてしまう結果になります。
少しの回数でも良いので、毎日の日課として繰り返すことが大切です。