ジョギングには効率良くお腹を凹ませるコツがある

 

 

お腹痩せをする為に有酸素運動が効果的ですが、特にジョギングは
お腹の腹筋を使いますので、効果的な運動です。

 

しかしお腹痩せの目的がある場合には、脂肪燃焼を効率よくすることが必要です。
ジョギングの場合、心拍数に変化をつけることがコツになります。

 

同じ時間を走るのでも、消費カロリーは同じでも脂肪燃焼量が変わります。
その為には、走り始めるときにはスピードを早めに走り、後半からスピードを緩めて
走ることがコツです。

 

このほうが脂肪の燃焼率が高いといわれています。ジョギングは体に負担のある
運動ですから、疲労も溜まりやすいです。体の疲労が溜まってしまうと筋肉を作る
作用も減少してしまいますので、毎日無理にジョギングをするよりは、
週に何度か走るほうが効果的です。

 

走った後の体の回復がとてもダイエットには必要です。
特に腹筋には意識して走りましょう。有酸素運動は脂肪燃焼に効果的ですから、
腹筋などを組み合わせてエクササイズをすると短期間でもお腹痩せの効果が
あります。

 

お腹を痩せるには、食事制限とエクササイズを同時にすることが効果があります。
しかし急なダイエットは体に負担がありますので、無理のない様に続け、
体の調子が良いときだけにします。

 

体は午前中に運動をするほうが代謝が良いといわれていますので、なるべく体を
動かすのであれば早い時間の方がよいでしょう。
そして運動の食事はカロリーを吸収しやすくなっていますので気をつけましょう。